超遊技台批評

新台を中心としたパチンコ・パチスロ台の総合批評

パチスロ ロードオブヴァーミリオン 評価 12点

ハーデスの引き立て役、デビューです。年頃の女の子で言うなれば脅威にならない程度に整った容姿、性格も良く言えば純粋、悪く言えばバカ。女子グループの中でも表向きは仲良くしているのに、裏で軽い陰口を叩かれている姿が容易に想像出来る。2人組つくってー!で1人だけ余って謎の疾走感で駆け抜けるパチスロが本機だろう。

 

 

お世辞にも面白いと言えないスペックとゲーム性。その理由がメーカーの力関係なのか、パチスロという斜陽産業がいざヤバイとなってから乗り込んできた七匠というお笑いメーカー渾身のギャグなのかはさておき、新内規の悪い所を一通り煮詰めて放り出した感をユーザーにわかりやすく伝えてくれる出来となっています。

 

比較対象にアナザーゴッドハーデスが出てくるのは、本機の演出がハーデスのパクリだから望む所なのでしょう。とにかく新内規だから当たりづらい、さらに天井は1600G。こんな台を15000台も捌ける販売会社は、エヴァンゲリヲンを扱う彼処しかありません。

 

そもそも新内規パチスロ、最初の頃は『回るけど当たりづらい』だったのに、気が付けば大多数の機種がCBを絡め、平均G数が回るかどうかもお客様のヒキ次第!『回らないし当たりづらい』事が今や当たり前になっていますね。本機のコイン持ちは、若干良いのが救いでしょうか。

 

七匠独自の攻めとオリジナリティーは何処に行ったんでしょう。ベルセルクはやり過ぎでしたけど、NINJA GAIDENくらいの販売台数でインパクトを残す面白みのあるメーカーという印象は脆くも崩れ去りました。

 

パチスロ界の電通、悪名高いフィールズが世に送り出してる時点で、パチスロとしてのクオリティはオマケに過ぎないんですかね。

そういやフィールズさん、スクウェア・エニックスの名前を先走って発表して謝罪してませんでしたか?F◯・ドラ◯エもパチスロ化を目指すんでしょうか。スクウェア・エニックスさんが傾けばワンチャン……なんだか複雑な気分になります。

設定1のART初当たり確率は1/481 

もうユーザーに遊ばせる気は、絶対に無いですよね?

現代パチスロは生きるか死ぬか、ホールVSユーザーどっちが生き残るか真剣勝負!こんな地獄スペックを用意して、目押し不要の脳死パチスロを打ってくださいなんて、開発陣はとっくに脳死してんじゃないですか?

 

とにかく通常のART当選なら、オーディンorバハムートでスタートしないとお話になりません。他の3匹なら60G以上乗れば達成感です。最低の50Gで終わるのだって当たり前、リプレイリプレイリプレイリプレイリプレイバーカ!!

 

ART中のマナシステムは正直、完全に期待ハズレ。何回かのステージチェンジ、上乗せ10Gを繰り返すだけ。実戦中は他に振り分けが無いんじゃないの?と疑いたくなるくらい、マナシステムでの大量上乗せは現実的な振り分けではないのでしょう。マナシステム=ヒキ損がないと謳われているせいで、何だか逆に損した気分になりました。メーカー発表のPV(動画)と現実は違うんだなぁ。

 

夜ステージ(大チャンスステージ)に移行した所でマナシステムにも大きな影響が無さそうなんですが、業界の中で大チャンスってどういった意味なんですかね。大チャンスという演出、だと割り切るしかないんですか?全く熱くなれないので、もういっそ攻殻機動隊のように『いま○○を引いたらチャンス!』ぐらいに説明してくれませんか?CZなどで説明文を入れないと理解されないようなゲーム性はクソ、という認識で私はいますが、本機の版権元はゲーム『LORD of VERMILION』なんだから親切な方がいいでしょ。

 

上乗せは何Gでも全て、とにかく爆音でした。これぐらいの導入台数(15000台程度)の機種で人気が出ないと、友人やSNSの会話で例えばレアフラグ引いた、超覚醒引いた、トランス引いただの話って全く盛り上がらないと思うんですよね。パチスロファンが何か引くまで打ってみようにも天井1600Gなんだから0Gから回すと……2時間くらいかかるね、まぁ400Gで止めるのが普通のスロッターじゃないでしょうか。

 

私はARTを200G以上走ってみて、純増1.9枚はまぁまぁ無い事は無いか……と思いました。ただ、高設定以外の通常時がさすがに死亡遊技なのは火を見るより明らかで、それなら根強い人気で高設定を期待できるGODシリーズを選ぶのがユーザーとして当然の選択です。

 

本当に残念だけど、新台としての物珍しさもないし。人気の版権を使っているのに、他の人気パチスロから演出をパクるのが本機の一番、罪深い部分だと思いますが。

パチスロも版権も蔑ろにしてますよね

アーケードゲームソーシャルゲームは確実にファン層がパチンコ・パチスロと重なります。

 

だからこそ『ロードオブヴァーミリオン』というタイトルが選ばれてパチスロ化したんでしょうが、パクリ演出の嵐で版権ファンすら蔑ろにして……パチスロの何がアミューズメント、何が遊技なんでしょうか。

 

版権ファンに支持される魅力が無いと、そのパチスロ台はただ『ギャンブルとしてのニーズ』しか満たしていない台が生まれます。パチンコ・パチスロは遊技だと仰るのなら、業界全体でアミューズメント産業の文化を大切に育てて行くべきではないのでしょうか?

 

過去に何度もパチンコ・パチスロで使い捨てにされてきた人気版権のファンは、決して気分の良いものでは無かったと思います。本機の版権ファンではない私は、人気機種の演出をパクっている時点で絶対に面白く作り込んではいないんだろうなと感じていました。

 

「七匠もう、パチスロを蔑ろになんかしない!」そんな風に誰に向けてでもなく、空に向かって謝罪すれば一件落着しますから。大丈夫、パチスロ業界なら許されますよね。

どの口が言った「ARTをもっと楽しめるものに」

ARTまでの入り口を狭くしたパチスロがヒットする風潮が、今は無いと感じています。

 

とにかく初期投資がかかる、見た目が整ったキャバクラ嬢に貢ぎたいユーザーがメインで遊んでいる訳ではありません。一発ヤらせてくれる可能性を信じてスロットを回す事もあるでしょうが、大半のユーザーはそこまで通わないですし、不遇かとは思いますが大半の機種は一回で飽きられ・呆れられた時点で終わりです。予算の範囲内で本番まで楽しめる、健全なノーマルタイプのパチスロ風俗に敵うはずもありません。入り口の狭さが入った時の気持ち良さに繋がるのでしょうが、新内規のパチスロに求める快感ではないですし、それこそ前述の通りGODシリーズを遊技します。

 

いっそのこと『50代の私がこのパチスロを打ったら毎日幸せで楽しいですガンも治りましたし借金も返済出来ました子どもがポンポン生まれて野球チームが作れて万枚出る可能性も1/8192で引けるGODぐらいの可能性に満ち溢れた台です!!』と盛りに盛ってくれた方がユーザーは気持ち良く打って負けたかと思いましたが、本機は即バラエティー行きになるでしょう。

 

導入台数の割にマイナー台となる未来が見えているので高得点を差し上げたかったのですが、ちょっと無理でした。『ARTをもっと楽しめるものに』なんて言うから期待したのに……これが新内規パチスロとして、ハーデスのリフォームが上手くいっていたら、それこそ「なんということでしょう〜」とか書いてみたかったのですが、七匠に匠の要素と熱意は全く感じませんでした。

 

明らかに人気が出なかったマイナー台を高評価してると、パチスロ詳しい人みたいに見えます?それって、ちょっとでも優越感を感じることが出来るんですか?私は全く感じませんし、自分のお金と時間を使った気持ちに嘘を吐けないのでごめんなさい。

 

最後に本機最高の煽り文句をご紹介します。

人気版権の大人気パチスロ(といっても差し支えない位、人気あると思うのですが)から、こちらもパクったとしか思えない文句です。

 

『求めよ、さらば与えられん』

 

うん。何も求めないし、与えて頂かなくて結構です。オーディンのプチュンに12点。

 

ロードオブヴァーミリオン 12/100点

 

Copyright © 2016 超遊技台批評 All Rights Reserved.

広告を非表示にする