読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超遊技台批評

新台を中心としたパチンコ・パチスロ台の総合批評

パチンコ CR戦国†恋姫 評価 77点

右打ち中の圧倒的完成度。実質継続率は約87%。ステージ作りもガンガン攻めたね藤商事。

 

CR戦国†恋姫FPL〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜が2016年10月3日に導入されました。導入台数は約15000台。おっさん武将の名前で女の子が……のパターンは見飽きた気もしますが、全体的に台のテンション高めの萌え萌えパチンコ。でも原作はエロゲーなんですよね?

大当たり中は開始のV入賞を除いた、4・8・12のROUND継続を4セットづつ細かく見せる演出。微妙になる可能性もあると思ったんですが、本機のスピード感があれば演出は工夫として楽しめます。継続抽選は最初に浮かんだのが麻雀姫伝、ですかね。高い継続率に合うと思って作り込んだと思われる復活演出の多さも、最後の最後まで期待感が持てるので好きなポイントです。

 

遊びとしてパチンコ・パチスロを楽しむ人なら、無理して残念なパチスロなんぞ打たないでCR戦国†恋姫を打った方が絶対に良いと思います。『†』って付いてるからクソ台かと思ったけど、そんな事は無かったです。厨二病っぽくていいですよね、最初見た時は墓場の地図記号だと思ってました。

右打ち中の爽快感は現行機種屈指

一種二種混合タイプは数あれど、大当たり中の魅せ方をここまで上手く作ったパチンコ台は無いと思います。内部状態が難しそうに見えるかと思いますので、ゲームフローを簡単にご説明します。

 

大当たりの65%で右打ちへ→大当たり後、右打ち継続のチャンスは『2回転・それぞれ約65%(1/1.55)で継続』→継続なら右下のアタッカーに玉を入れて大当たりROUND開始→65%が2回だから実質継続率87.4%って言われると何か強そう→保留連も体験出来るし当たった時の「てんから〜」って何回も聞いたらうおおおおお!

 

こんな感じで大丈夫です。パチンコはパチスロと比べて、打ち手が仕様を知らなくても損をする事は滅多にありませんし、一種二種混合タイプも含め全てを理解する必要はありません。メーカー側も『演出で何か凄い事が起きてるぞ!』と思わせて射幸心を煽りたいが為に作ってます。ユーザーは『どのタイミングで熱くなれるか?』だけ知っていれば充分に楽しめるんです。パチンコを遊技していて一番面白い、大当たり中の魅せ方が素晴らしいだけで最高じゃないですか。

ステージが台を更に面白くしている

本機ではステージが準主役・名脇役と言っていいだろう。説明の順序が違うとも思うのだが、ステージの作り方はかなり勝負に出ていると思う。本機は液晶左のルートにシーソーの様な作りがあり(当ブログは画像を仕様しないので大変申し訳ないのだが)一般的なパチンコ台のようにヘソ釘に向かうか、それともステージに向かうかの振り分けがされる。

 

ステージのルートに向かった場合は真ん中の回転体(例えるならば初代:餃子の王将)で左右・直接ヘソへ向かうルートに振り分けられる。ちなみに本機は約70%がステージからのヘソ入賞となるので、ヘソの釘を閉めても回転数にあまり大きな差が出ない。パチンコ釘の違法調整・撤去騒動で揺れる業界に対しても、藤商事はその開発力を持ってグレーとされてきた釘調整に一石を投じたのではないかと、勝手に感心してしまったぐらいである。

 

ちなみにステージルート後、ヘソに向かわず左右に振り分けられた場合も動き次第でヘソ入賞をする。この辺りは羽根モノと呼ばれるパチンコ台が好きな方なら、玉の動きに一喜一憂しつつ遊技できる。私は演出よりも玉の動きを見ながら打っていれば充分に楽しめたが、保留3で止め打ちするのが少々面倒ではあった。

通常時の演出よりステージの玉を見てる方がいい

大当たり一度の最高出玉は13Rで約960発と、この時期の新台でも決して多いとは言えないの。それでも本機は継続抽選による爽快感の溢れるパチンコとして、この時期だからこそ生まれたスペックで登場した。大当たり中やステージの完成度は数々の規制をすり抜けたと言うよりも、堂々と通過してきた印象すら受ける。

 

ベッタベタに褒めてみたけど最後に一つだけ、藤商事らしいダメな部分を見つけました。それが、通常時の演出バランスです。ステージや大当たり中ほど作り込んだ雰囲気は無くて、正直つまんねーなって思いました。

 

よくよく考えたら戦国乙女とか百花繚乱とか恋姫夢想と同じで、権利が消滅した戦国武将の知名度を使って取っ付き易くしたエロアニメを使ったパチンコって括りは全く変わらない訳ですよね?それって、どれだけ熱意のある原作ファンがパチンコファンの中にも共通して存在していたとしても、戦国恋姫では全遊技者の20%もいないだろうし元気で明るい女の子たちが「好きなだけ出していいのじゃぞ……?」とか言わされてる感は、声優志望の女の子が長野から東京に出てきて生活の為にキャバクラ嬢となり東京の荒波に揉まれつつ気が付けばエロアニメ声優の仕事を貰ってギャラ4000円!お母さん、もうあたし田舎に帰ろっかな、代々木アニメーション学院の授業料は貯金で返すね。え、あなたそんなに稼いでるって……一体東京で何のアルバイトしてたのよ!って感じです。

 

藤商事のパチンコといえば『CoCo壱番屋のカレーに全部トッピングするぐらい演出が多く出て騒がしい中、最後にDENGER柄か回転ボタンが出れば1/2ぐらいで当たる』程度に世の中には認識されていると思うんですけど、本機もこれさえ出れば激アツ!大丈夫!って演出は確定を除くと単体では無いですし、煽りもよくある保留変化(またキャラクター変化以外はわかりにくいんだこれが)擬似連を待つ演出なので、音量を一番小さくしてステージの玉の動きをのんびり見ていれば結構楽しいとは思いますよ。

 

とにかく、パチンコ CR戦国†恋姫。遊技を是非一度、オススメします。

 

もちろん、右打ち中は音量最大でね。

「てんから〜!」

 

パチンコ CR戦国†恋姫FPL 評価 77/100点

 

Copyright © 2016 超遊技台批評 All Rights Reserved.

広告を非表示にする