読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超遊技台批評

新台を中心としたパチンコ・パチスロ台の総合批評

パチスロ メタルギアソリッド 評価 4点

スネークこちら新装ホール、導入初日に空き台を多数確認。打てたらいいな、ぐらいに思っていたメタルギアソリッドのシマには自分しかいない。打つ前からわかっていたんだ、KPEが広告宣伝にガッツリと力を入れている台は全てクソ台なんだって。

見た目と導入前の評判は超豪華なのに、実際に打ってみればアラ不思議。新内規・高ベースなのに圧倒的な時代遅れ感と誰も求めていない感。消されたルパンがホールから誰にも気付かれずに消えた様に、僕らのスネークも静かに匍匐前進で去って行くでしょう。

 

しかしまぁKPEや京楽のようなメーカーが、メディアミックスの大人気版権でクソ台を作るんだから、そりゃパチスロ業界の雑誌媒体・WEB媒体のような広告業は仕事が無くなりませんね。最近は人気のあるYouTuberに影響されたのか、気を遣いながら台の文句を言うライターもいますけれど無理。今のメーカーと雑誌はラオウケンシロウの様な良きライバルな関係ではいられないんですから。とにかく実際にお金を使って遊技してから本機『パチスロ メタルギアソリッド』を褒めちぎるライターは本物のプロだと思います。

 

全面液晶、光量調節も無いとめちゃくちゃ目が疲れるんだけど。開発陣は子どもの頃お母さんから「テレビは離れて観なさい!目が悪くなる!」って言われなかったの?面白いスロット台が作れないなら最低限、その辺りに気を遣ってみませんか?

この時代にARTに入り難くしてどうすんだ

ARTに入らないまま諦める人が多すぎるんですが、映像の綺麗さで打てるのって200Gがいいところなんですよね。大体その辺りでワンパターンな煽り、もしくは超絶デカい全面液晶に颯爽と現れたデカプッシュからの強チェリーが来て『AMAZING』と言われつつハズレるのを経験して「あ、わかるわかる」ってなるくらい、淡々とゲームは進みます。低設定のレア役から筐体右上(緑・赤)の煽りもほとんど何も起きないので期待する必要は無いです。版権映像押しの機種は世界観を守りたいのかパチスロとして演出が少ないですし、アニメのミニキャラ連続演出は一回見れば充分です。

 

とにかく無理があったのは、高ベースだけどART『スネークイーター作戦』の出玉性能に一撃性を出したいから、ART当選のハードルを上げよう!という考え方でしょう。高ベースだと遊技中どうしても間延びした感がある新内規のパチスロと、出玉の一撃性の共存は正直こちらを立てればあちらが立たずといった印象です。

もちろんユーザーの大多数は当然、勝ちを目指して遊技しますし、そこに夢を見せてくれるような出玉性能の機種があれば挑戦するでしょう。ただ、本機はウリにしている映像以外の演出・リール等、パチスロとして面白さが目立つ部分が極端に少ないせいで、一番楽しい(はずの)ARTに辿り着く前に離席されるのが現実です。まあ、ART中も延々と映像を観ているだけなんで、楽しいのは出玉が出るという部分だけなんですけど。

 

出玉性能の一撃性すらメタルギアソリッドの世界観だ!というなら仕方なく納得出来るのですが、ART突入率が低いから長く遊ばせなきゃいけない、そう考えたら普通は通常時の作り込みに力を入れませんか?ART一撃の期待枚数が約700枚でも、通常時のBIGが100枚程度では気分的には沖ドキですし、BIGを2回引く頃には演出も見飽きてるのでARTに入らなければ諦める気持ちも痛いほどわかります。

 

やっぱり広告宣伝が激しかった分、見た目と評判がパチスロ台としての中身と釣り合ってません。だからこそ、客離れも相当早いんでしょうね。ここまで書いてきた雰囲気を全てまとめて一言で表現するなら『スマホ見ながら打ちつつ、大きな音がしたら目押しするパチスロっぽい台』です。

俺は何故レバーを叩かなくてはいけないのか

ART中の後半バトルはセーフティ・小役の噛み合いさえあれば、モンハンらしい雰囲気のギリギリな勝負で熱くなれます。ただ普通にオセロットに負けますし、苦労をしてARTに入れても自力ポイントでやれない方はパンパン打たれて死亡するだけです。一度ARTを駆け抜けて、くだらない通常時に戻ってからもパチスロ メタルギアソリッドを打てる方が本物のスネークです。

 

今回の低評価についてですが、私は出玉の一撃性(1500枚程度ですが)を経験した上に収支も実はちょっとだけプラスだったんです。そんな状況で本機の前に半日以上座ってたのに、映像以外は何一つ心に残るものが無かった事が低評価の理由です。まぁ私の評価点なんて気分っちゃ気分で決めてるんですが、むしろ遊技前から漂う、というか本能が察した『圧倒的クソ台感』に気持ちが負けてしまったんでしょう。

 

でも本当にこれだけは言っておきたいんですが、KPEメタルギアソリッドをもっと大切にして欲しかった。ゲームを結構遊んでいた私は映像を楽しみにしていたパチスロ好きだったけど、パチスロとしては最低だった。自分たちKONAMIのゲームだからって、見た目だけ良さそうに出せばいいかって、そんな無理にパチスロ台を作るのはやめてくれ。KPEだけじゃない、今ってもう全メーカーが苦労してるよね。こんなクソ台ばかりしか出せない状況が、最低でも東京オリンピックまでは緩まないなんて暗黒の時代でしかないよ。

 

とりあえず今年、悪い意味でNO.1のパチスロ メタルギアソリッド

打っている最中『私は何故、レバーを叩かなくてはいけないのか』なんて哲学的な気分になってみるのはいかがでしょうか。

 

コインがちゃんと入ってボタンも3つあるので、4点あげますね。

 

パチスロ メタルギアソリッド 評価 4/100点

 

Copyright © 2016 超遊技台批評 All Rights Reserved.

 

 

広告を非表示にする